FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリンプ

ブラandショーツって どのぐらいの割合で買ってますかー

ついつい 形が崩れるまで着ちゃうんですよねー

でも 悲しいことに・・バストの形までもが 崩れちゃうんです

なので 私は1~2ヶ月に1回は 買うようにしてます~

今回は こんな2着 買ってみましたー

001_convert_20120310144652.jpg
イエロー&レース とピンク&ブラックレース

トリンプ公式サイト
トリンプ・オンラインショップ

バストについて 長文になるので 興味のある方は読んでくださいね
バストに関する豆知識

バストの悩みに関する豆知識

バストの知識を持つことが大切だそう

①胸が小さいのは遺伝なの?
 
胸が小さい原因の1つとしてよく言われるのが、遺伝の問題です。

お母さんのバストが小さいと娘も同じように小さいことが多いと良く聞きます。

では、実際にはどうなんでしょうか。様々な研究がされていますが、

今のところ科学的に遺伝で胸が小さくなるということは証明されていないそうです。

なので、どうしてそのような迷信めいた誤解が生まれたかというと、

原因の1つに食事があるそうです。生まれた時から同じ食卓で、

同じ食べ物を食べていることから、摂取する栄養素も一緒のため、

体格も似てきてしまう、というのは納得のいく話ですよね。

小さい胸は日本文化のせい?

また、日本人という広い枠で捉えてみます。

古来より、外国人がコルセットなどを使って女性らしい体つきを

アピールしてきたのと違って、日本では奥ゆかしさを大切する文化でした。

着物を着ることで胸が目立たなくなり、さらに、

さらしを巻いて胸のふくらみをなるべく見せないようにしてきたことが、

日本人に貧乳が多い原因とする説もあります。

男性に胸をアピールする必要が無かったため、

セックスシンボルとしてバストが成長しなかったのでしょう。

現代は洋服の時代になったので、考え方も変わり、

バストの大きい人の方が魅力的と捉えられます。

段々巨乳の子も増えていますよね。

今も着物が主流の時代だったら貧乳で悩まなくても良かったと思うと、

ちょっと複雑ですが…。

過激なダイエットは貧乳をつくります

あなたは、思春期に極端なダイエットをしていませんでしたか?

もしかすると、過去のダイエットが影響して貧乳の原因を作って

しまっているかもしれません。

成長期にきちんとした栄養が体に行き渡らないと、

女性ホルモンが作られません。

また、きちんと体に合ったブラジャーを付けることも重要です。

サイズが合っていないと、それだけで本来バスト部分にあるべき脂肪が

背中や腕に流れてしまい、カップ数が変化するほどの違いが出てきてしまいます。

お店できちんと測ってもらって貧乳と思っていたのに、

実は結構胸があったなんて、もったいないので、気になる方は、

ぜひ、お近くの下着売り場でプロの方に計測をしてもらってください。

下着一つで、結構違うものですよ。

②バストのことをきちんと知ろう。

バストの構造っていうとなんだか難しそう気もしますが、

大きく分けると乳腺・乳腺脂肪体・大胸筋の3つのパーツでしかありません。

その仕組みを理解すると、現在の自分のバストの状態も把握しやすくなるので、

垂れ気味の人の原因やふくらみの小さい理由がわかってくるんです。

原因が分かれば、その改善方法も見つけやすくなりますよね。

それでは、バストの構造について勉強して、バストアップの方法論を見出しましょう。

☆バストの仕組み☆

自分の体の中で、胸の部分をクローズアップしてイメージしてください。

1.まず一番下に内臓を守っている肋骨があり、その上にバストを支える

筋肉である大胸筋があります。

2.その上に、乳頭の先から放射状に乳腺が張り巡らされています。

その乳腺を支えているのがクーパー靭帯と呼ばれる繊維組織です。

3.乳腺の周囲を柔らかな脂肪で包んでいるのが、乳腺脂肪体です。

簡単に言うと、上記のような構造となります。

☆乳腺と乳腺脂肪体☆

乳腺は、妊娠・出産時にお乳を作る器官で、バストの片方に15~20個あり、

少し硬くてコリコリとした感触をしています。この乳腺を発達させることで、

バストのふくらみが大きくなります。逆に言えば、貧乳なのは、

乳腺が発達していないからなんですね。乳腺を発達させるには、

女性ホルモンの分泌が必要です。

そして、ふわふわと柔らかなバストを作るためには、

乳腺を包んでいる乳腺脂肪体の量を増やすことが良いとされています。

それには、良質の栄養素をとることが大切です。

☆バストアップと大胸筋☆

大胸筋は、乳腺や乳腺脂肪を下から支える土台の役目を果たしています。

この筋肉が衰えているとバストが下にさがってしまうので、

有効なエクササイズなどで大胸筋を鍛えてあげるとバストの下垂を防げます。

また、バストが垂れ下がるのは、乳腺を上から引っ張りあげて支える

クーパー靭帯という繊維組織が伸びきってしまうことも、原因とされています。

残念ながら、このクーパー靭帯は一度伸びてしまうと元に戻すことはできないそうです。

予防法としては、バストの重みで靭帯が伸びたり切れたりしないように、

運動の際にはしっかりとブラで固定してなるべく揺れを小さくしてあげる事

などが有効なようです。

③女性ホルモンと胸の関係

バストを大きくするためには乳腺の発達が必要で、それには女性ホルモンの

分泌が鍵となっていることはバストのことをきちんと知ろうで説明しました。

ここでは女性ホルモンについてもう少し詳しくお話ししたいと思います。

☆女性ホルモンの分泌がバストアップの鍵☆

女性ホルモンは大きく分けて、卵胞ホルモン(エストロゲン)と

黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類に分かれます。

特にエストロゲンは、乳腺を発達させる等、バストのハリや形成に

大きな影響を与えています。女性ホルモンの分泌は、8~9歳頃から始まり、

その辺りからバストも成長し始めます。

ピークに達するのが12歳前後といわれていて、この頃、

体に必要な栄養素がきちんと行き渡っていないと、

バストも大きくなることができません。

思春期でダイエットが気になり始める時期と一緒なので、

過激なダイエットをしたりすると、バストが大きくならないばかりか、

将来不妊症の原因となったり、一生を後悔する結果になりかねません。

☆女性ホルモンは活性化できる☆

とはいえ、成長期にバストが大きくならなかったからといって、

あきらめる必要はありません!女性ホルモンの活性化は、

今からでもできるんです。その方法の1つが食事法。

毎日の生活の中でかかせいないものですし、

一番取り入れやすい方法でもあると思います。

そして、それは決して難しくはありません。

女性ホルモンに有効と言われている栄養素を含む食品とともに、

体が必要とする栄養をバランス良く摂取することで、

ホルモンが分泌されやすくなるんです。

☆女性ホルモンを活性化させる商品☆

市販されているバストアップ商品の多くが、女性ホルモンを

多く分泌させることでバストアップ効果を高めるとうたっています。

でも、過剰にホルモンの分泌を促すものに頼ったりしてしまうと、

逆に生理不順が起きたり、かえって体に悪影響を及ぼすこともあるので

注意した方がいいと思います。

結局のところ、なるべく自分自身の体を変えていくことが、

問題を解決する近道なんじゃないかなと思います。

④バストに良い栄養素とは

バストアップさせるにあたって、欠かせないのが食事、ということで、

ここでは、バストに良いと言われている栄養素について一部ですが、

ご紹介をしたいと思います。バストアップに良い栄養素と食べ物を

ほんの一部だけご紹介すが、一番大切なのは、

色々な食材をバランスよく食べることです。

☆バストアップに良い栄養素☆

アミノ酸

バストにハリと潤いを与えてくれる栄養素です。

コラーゲンなどもアミノ酸の一種です。

タンパク質

タンパク質は、女性ホルモンの分泌を助け、バストにハリを与えてくれる

筋肉を作ってくれます。動物性タンパク質と植物性タンパク質の

両方をバランス良く食べることが必要です。

ビタミンA

皮膚や粘膜を正常に保ち、胸にハリと潤いを与えます。

ビタミンB6

女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促す作用があり、

バストのふくらみに影響します。

ビタミンE

バストアップに必要な血行促進を補助してくれる栄養素です。

アンチエイジング効果も期待できます。

ビタミンC

ストレスを緩和してくれる栄養素。

女性ホルモンの分泌にストレスは大敵。

適度なビタミンCを摂ってリラックスすることも大切です。

ミネラル

女性ホルモンや血液を支える神経や筋肉の働きを助けてくれる栄養素です。

自分の体では作ることができないので、外から取り入れなければなりません。

☆バストアップに良い食べ物☆

上記の栄養素を含んだ食べ物とはなんでしょうか。

例えば、肉・魚・卵には、動物性タンパク質が、

豆腐や納豆などの大豆製品には植物性タンパク質が含まれています。

ビタミンC・B1・B2などを含むキャベツ・玉ねぎ・きゅうり・バナナ

・リンゴ・いちご等も食べると良いと思います。

また、女性ホルモンの分泌をサポートしてくれるとして名高いのが、

大豆イソフラボンです。これも豆腐や納豆などに含まれている栄養素ですので、

食事に取り入れやすいのではないでしょうか。

バストは体の一部なので、バストにだけ良いと言われる物を摂っていても、

身体全体が健康でなければ、すべて台無しです。

無理をすることはないですが、なるべく、色々なものを食べよう!

と心がけるだけでも違いますよ。

⑤出産前後のケアって?

妊娠・出産を経験していない人も大勢いるとは思いますが、

ここではあえて、出産前後のバストケアについて触れていきたいと思います。

気をつけないと悲しい結果につながるかもしれないので、

今から知識を持っていると、いいと思いますよ!

☆妊娠時のバストに気をつけたいこと☆

妊娠すると女性ホルモンが通常の数十倍も分泌されるため、

嬉しいことにバストもふくらみます。妊娠2ヶ月頃から、

赤ちゃんに母乳をあげる準備のために乳腺が発達して、

どんどん胸が大きくなってくるそうです。ここで気を付けたいのが

「妊娠線」「肉割れ」といわれる皮膚のひび割れの予防です。

あまりにも急激にバストが大きくなる為、皮膚の伸びがついていかずに

ひび割れてしまうんだそうです。

妊婦さんやぽっちゃりさんのおなかにできるものと一緒で、

一度できると治らないみたいなので怖いですよね。

そこで、皮膚を柔らかくしたり潤いを与える妊婦さん用のクリームや

ジェルがあるので、塗ってあげましょう。

マッサージしながら塗って予防することをおすすめします。

キレイなバストを保つためにも気を付けたいですね。

☆妊娠・出産時用ブラジャーについて☆

もう一つ、出産後には通常の2カップは大きくなるというバストのために、

妊娠・出産時専用のブラジャーを付けた方がいいとのこと。

マタニティブラや授乳用ブラと呼ばれるものです。

赤ちゃん用品売り場に売っているようなので、どういったものが良いかは、

売り場のプロの方に聞くと色々と教えてくれるそうです。

どんどん大きくなり、授乳の準備を始めるバストを優しく包み込み、

また、重みで垂れ下がろうとする乳房を支えてくれる頼もしい存在です。

☆出産後にバストアップしたいなら☆

産後は、赤ちゃんに母乳を与えることや、重みで、どうしてもバストが

下垂してしまいがちになります。

授乳が終わってバストが元の大きさに戻っても、バストの位置は下がったまま…。

それって悲しすぎますよね。そうならない為にも、

大胸筋を鍛えるエクササイズをすることをおすすめします。

胸の筋肉を鍛えることで、下垂を防ぐんです。

難しいものではないので、いつまでも素敵なママでいるためにも、頑張りましょう。



スポンサーサイト

コメント

勉強になりました。

バスト・アップは、女性にとって、永遠のテーマですね。
アミノ酸が有効なんですね。
バストの仕組みとか詳しく書かれてて、勉強になりました。
私もアウトレットで、トリンプブラ&ショーツセット、購入したところです。v-10

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール
カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター ポチっとお願いします 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村 美容ブログへ

フウルウ

Author:フウルウ
美を目指し努力中
好きなもの
綺麗なもの好き
可愛いもの好き 
オシャレなもの好き
新しもの好き 
旅行好き
お祭り好き
イケメン好き
アルパカ好き
HOT PEPPER好き


HOT PEPPER ビューティ

CustomCategory
リンク
美を目指す
アナスイ 公式サイト
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ) オルビス
検索フォーム
最新情報
    
月別アーカイブ
セブンネットショッピング
ブロとも一覧

around 40 奮闘記

心を奪う恋愛術

一皮むけませんか?

のっこの気ままなバンコク日記

Mcf+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入り
CCBパリ アニエス
icon icon     
フリーエリア
icon 021_convert_20120225111339.jpg 011_convert_20111213193231_convert_20111214192401.jpg
相互リンク希望
コメント・美の情報交換などなどしませんか~?

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。